About

杉本研究室では,情報工学に関する知識・技術をベースにAugmented Reality(拡張現実感)やVirtual Reality(人工現実感)を活用したヒューマンインタフェースの研究を行っています.計算機を使った処理と共に,実環境でのユーザーやデバイスの身体性を考慮した情報処理を行うことに主眼を置いています.また,実時間でのユーザーとの相互作用を大切に考えます.

 

インタラクティブシステムに興味のある方,プログラミングの得意な方,電子工作・ロボット開発・Physical Computingなど自分の手を動かすことが好きな方,特に歓迎します.

2012年度より新しく杉本研究室としての学生の募集を行っています.新設の研究室ですので,環境の変化を楽しめるパイオニア精神に溢れた方が参加してくれることを期待します.

研究室配属

学部生は,慶應義塾大学理工学部情報工学科から配属が行われます.修士課程・博士課程は,慶應義塾大学理工学研究科開放環境科学専攻情報工学専修としての受け入れとなります.学部生として配属される学生の方には,十分な研究活動を行う時間を持つために修士課程・博士課程に進学されることを推奨します.
また,他大学や情報工学科以外から志望を検討される方は,事前に末尾の連絡先までコンタクトをしてください.博士課程への進学を希望される方を歓迎いたします.

研究室行事など

研究室のスケジュールとしては,下記の様なイベントを考えています.学会に関連するコンテストなどの場を通じて実践力を養うとともに,実際のシステムが動く喜び・やりがいといったことを感じて頂ける機会を設けたいと考え,インタラクティブ技術に関する学生コンテスト国際学生対抗バーチャルリアリティコンテストIVRCへの参加を勧めます.

  • 2月頃から 講習会(B3の方向け:Computer Vision, Physical Computing, 3D Printing, 初歩的な基板設計)
  • 4月頃から 論文輪講
  • 6月頃からIVRC参加(有志)
  • 8月頃 夏合宿
  • 11月頃 研究室内中間発表
  • 1月下旬から2月頃 卒論発表

疑問などがありましたら気軽にご連絡下さい.

e-mail: info [a t] im-lab.net
※[a t] を@に置き換えて下さい.