企画について注意すべき点 – IVRC Memo

バーチャルX,遠隔X,無限X

とりあえず身近なXにバーチャル付けると何となく新しく見えるが,Xよりつまらなくなっている場合がある.

 

影をつかった企画

影に魅力を感じる人は何十年前からいる.丸かぶり注意

 

Xの可視化

可視化自体が目的だと厳しい.例えば感情の可視化.

 

ゲーム化

面白さが足りないとか思って下手にゲームにすると,ダメゲーになるだけ.

ゲームデザインをナメちゃダメ.

 

ギリギリ表現

IVRCは未来館で開催されるイベント.

チビっ子に見せられないモノは別の場(e.g.夜のニコニコ学会)とかで発表しましょう.

程良いシモネタは書類審査は通りやすいが,

ストーリーなり意義なり技術的新規性なりを他の作品より高めの水準で用意しないと

プレゼン審査から先が厳しい.

 

※稲見 昌彦(@drinami)先生のTweet,かたむろー(@Kamutaro)様のTweetを参考にしました.


 

1.まずはこれを読め

2.企画立案について

> 3.企画について注意すべき点

4.プレゼン審査について

5.書類・Web入力・メール報告について

6.実装について

7.展示について

IVRC Memo (Index) へ戻る